広告
本日のおすすめふるさと割・旅行割引クーポン

楽天トラベル北海道ふっこう割在庫有!ふるさと割大量配布!!
【最新情報】北海道ふっこう割まとめ
【毎日更新】全国ふっこう割・ふるさと割まとめ
【重要】ふっこう割配布予定スケジュール
★本日のおすすめふっこう割・ふるさと割クーポン★
【12/17】楽天トラベル北海道ふっこう割クーポン第2期配布!!
【12/17】富士吉田富山じゃらん富山楽天加賀越前京都北部福山
【人気!! 周防大島ふっこう割】じゃらん楽天トラベルるるぶトラベルヤフートラベルdトラベル
【12/16】大阪USJホテル最大1万円(1/31)東北ふるさと割5000円クーポン(2/28)と日曜Tポイント10%アップ
【12/14】じゃらん遊び体験用クーポン情報沖縄・伊豆等最大1万円割引ふるさと割
【北海道宿泊割引】ヤフートラベルるるぶトラベル近ツーマイナビトラベルじゃらん宿泊
【北海道ツアー割】ANA北海道ふっこう割JALパック北海道ふっこう割近ツーじゃらんパック
【在庫有】日本旅行北海道ふっこう割ツアークーポン追加配布
【12/9】広島・愛媛ふっこう割プラン塚発売/日本旅行
【西日本ふっこう割】高知愛媛香川
【るるぶ全国割】3000円(1/7)限定施設1万円(12/27)限定施設5000円(12/27)12月4000円(12/27)
【12/6】ヤフートラベルるるぶプラン全国5000円割引クーポン
【12/4るるぶ】箱根3万円割引(1/31)島根4.8万円割引(1/31)宮崎市8000円割引(1/31)
【12/3】岡山県ふっこう割3500円クーポン(2/27)
【12/3】福岡県・栃木県・群馬県ふるさと割クーポン
【宮城県】宿泊3000円割引遊び2000円割引
【12/3楽天】伊豆箱根3000円割引栃木那須2000円栃木日光・鬼怒川2500円割引鳥取1万円割引
【12/1】栃木・群馬・茨城ふるさと割1万円クーポン(3/31)
【12/1】滋賀県ふるさと割1万円クーポン
【2019先行初売】エイチアイエス初夢JTB初春近ツー初売阪急福たび
【11/30】山形県南部ふるさと割1万円クーポン(1/31)
・11/27:島根ふっこう割4000円クーポン(1/31)
★北海道復興割宿泊予約★
【在庫有】Relux近畿日本ツーリスト日本旅行マイナビトラベルエクスペディア東武トップツアーズるるぶ1万円一休ふっこう割ANA宿泊プラン
【在庫時々有】ヤフー全期間分楽天トラベルじゃらん第1弾(11月末迄)じゃらん第2弾(11月末迄)じゃらん第3弾(1月末迄)
★ツアー予約★
【在庫有】JALパックANAふっこう割プランANA札幌・道東割引クーポンじゃらんパック近畿日本ツーリスト楽天トラベルJALふるさと応援割クラブツーリズムエイチアイエス阪急交通社
★北海道ふっこう割おすすめ記事★
【人気】ふっこう割をキャンセル待ちで予約するお得な方法
ふっこう割を予約してみたので、その感想と展望とか
北海道ふっこう割予約時の大事なポイント
【人気】管理人のふっこう割予約記録公開と予約のコツ

ふるさと旅行券・ふるさと割クーポンはいつまで続くのか? 来年度の予定はどうなるのか? 予想してみた。

【ぜひシェアをお願いします!!】お得な旅行情報を更新中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お得な
さて人気のふるさと旅行券、ふるさと割クーポンですがいつまであるの?来年はどうなっちゃうの? という質問が多いようですので、あくまで予想ですが記事にしてみます。

いつまで続く?
そもそもこのふるさと割の原資・予算は昨年・平成26年度の補正予算で成立した地域活性化・地域住民生活等緊急支援交
付金(地域消費喚起・生活支援型)をもとにしています。
この予算は平成27年度中に使わなくてはいけませんので、基本的には今年の3月いっぱいということになります。

ということで、
ふるさと割クーポン・ふるさと旅行券は3月まで
となります。

ふるさと旅行券を発行している市町村としては、早めに予算を消費したいでしょうから、だんだんと発行は少なくなっていくものと予想されます。一方で、旅行サイト等ではキャンセル分がかなりあるということを漏れ聞いていますので、今後も突然の発行という可能性がありますので、要注意です。最近、前触れなく当日発表ということがしばしばありますので、当サイトを毎日欠かさずチェックしてください(笑)。

来年はどうなる?
ということで上にも書きましたが、ふるさと割の原資である地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金(地域消費喚起・生活支援型)がなくなってしまうことから、来年度のふるさと割については、あっさり言うと・・・

来年のふるさと割は大幅に縮小

ということになりそうです。
来年用の補正予算には、残念ながらふるさと割の原資となりそうな予算が組み込まれませんでした。一応、予算としては地方創生交付金が組み込まれてはいるのですが、金額が今年の半分以下となっており、また用途についても観光向けがかなり削られています。国の政策としてふるさと割を大々的に行うことは、現時点ではなさそうです。

しかし・・・

まったくないということはなさそうです

というのも、様々なニュースでふるさと旅行券が地域活性化に効果があるという話題がとりあげられており、またふるさと割発行以前よりお得な旅行券を販売している市町村もありましたので、来年度もある程度はふるさと旅行券・ふるさと割クーポン発行されるものと思われます。実際、来年の準備に入っているという噂をちらほらと聞きます。もっとも予算が変わった場合、ふるさと割ではなく、違う名称になる可能性もありますが・・・。

今後のねらい目
楽天トラベルじゃらんがふるさと割クーポンの人気どころですが、今後どんどん入手困難になるものと予想されます。

そこで注目はそれ以外の旅行サイトです。
ヤフートラベル
るるぶトラベル
日本旅行
JRびゅうツアー
近畿日本ツーリスト
クラブツーリズム
ANAツアー
JALパック
阪急交通社
このあたりの旅行サイトでは、まだふるさと割クーポンに余裕がありますので、ぜひチェックしてください。

またふるさと割の今後の予定をまとめたこちらの記事も要チェックです。
ふるさと割クーポンカレンダー

管理人も一旅行好きとして来年度もふるさと割がつづくことを願っています。個人的な意見としては、地元で消費されるプレミアム商品券を出すくらいであれば、旅行券のほうが地域活性化につながると思うのですが・・・。

【ぜひシェアをお願いします!!】お得な旅行情報を更新中!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加